スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Larry King Live 2

2006.09.30(07:35)

さて、Larry King Live パート2です。映像はこちら


L「引き続きクレイ・エイケンと一緒です。ニューアルバムはA Thousand Different Ways。Diane Sawyerのインタビューの話をする前に、e-mailで質問が来ています。イリノイ州East Carbondaleのアニータから。『なぜルックスを変えたの?』」
C「僕にはあまり決定権がないんです。プロに任せきりで。あ、ほら!この番組に出たときの写真だからそんなに前じゃないですね。」
L「そう、この番組に出てくれた。誰だこれ?」
C「全然別人ですね。僕らは(やっぱりクレイはWeと言いますね。)さっきおっしゃったように、長いこと表舞台から離れてたから、注目を集めるためにも何か変わったことをしないといけないと思ったんです。それで今年は“アメリカン・アイドル”に出ることになって、誰かクレイ・エイケン似の子と歌うことになるって言われて、僕は『その子と同じ格好でステージに立つのはイヤだ。何か別のことをしよう』って言いました。それで3回もトライして、僕の耳が大きく見えないようにするにはどうしたらいいか考えて、こうなったんです。」
L「そういえばライアン・シークレストがよろしく言ってたよ」
C「おお、そうですか」
L「今日話したんだ」
C「それはいい」
L「君の事をとてもほめてたよ」
C「そうですか?うれしいな」
L「ほめるタイプじゃなかった?」
C「ライアンはいつも僕らに良くしてくれましたよ。皆、彼が大好きだった。」
L「じゃあクレイ・エイケンが出演したDiane Sawyerの“Good Morning America”を観よう。」


(GMAはGMAインタビュー・パート1,2をご覧下さい。それにしても…こう比べると、私はLarryの時のクレイのほうが好きだぁ!前髪に弱いみたいです(笑)クレイはこのビデオを微笑みながら観ています。)


L「月曜の夜はOprahが出てね、彼女も同じことを聞かれたし、そういう記事を書かれたそうで、もうこの話はしないけど、自分はゲイ(日本語だとゲイは男性の同性愛者のことを言いますが、英語では男女ともに使います)を否定してるわけではないけど、ゲイではないと言ってたよ。もし自分がゲイならそう言うが、ただ違うんだから違うんだと。もうその話は2度としないんだそうだ。なんでだろう?」
C「わかりません」
L「君のうわさはどうやって始まったの?」
C「理由はわかりません。有名人のスキャンダルに関係したことはありません。いつも『君の一番好きな歌手は?』とか聞かれますけど、わからないんです。あまりそういうことに注意を向けないから。雑誌も以前から全然読まないし、だから、有名人のゴシップやなにかに関わってないし、理解もできなかったんです。だから、なぜ皆が知りたがるのかわからなくて。僕は、君は君、僕は僕でやるべきことをやるっていう考え方をするんです。皆、人それぞれやるべきことがある。僕は歌手として成功したいし、皆が聴きたいと思うようにうまく歌いたい。それが僕のやりたいことなんです。」
L「でも君は賢いから皆が知りたがるのを知っているんだろう。だったらなぜ―君がどういう人間だろうと君のキャリアには影響ないのに―なぜ、ケリをつけてしまわないの?」C「それは、僕は以前答えたのに、皆は好き勝手に考えるということがわかったからですよ」
L「違う、と答えたのに?」
C「僕はできる限りの言葉を尽くして答えたんですよ。だから僕は『僕が何と言おうと変わらないんだから、僕はもう答えないよ。皆、好きなように考えればいい』って言いました。子供のとき、学校で何か問題が起こったら、それが物を壊したとかテストでカンニングしたとか何であれ、やったかと訊かれて受け入れられる答えは『はい』だけでした。『はい』って言わなくても、先生は僕を信じてくれなかった。だからどう答えようと関係ないんです。だから僕は、自分がどう言おうと、人は信じたいように信じるってわかりました」
L「じゃあ言い換えれば、君がどう言おうと関係ないと?」
C「僕はただあきらめて、同時にわかったんです。僕は支えてくれるファンの手が届く存在であり、オープンでありたいけど、同時に、人が僕の家まで来て写真を撮って、インターネットにその写真や住所を載せたりするのは、ちょっとやりすぎです。だから、線を引かなければならない―気づかざるを得なかったんです。とにかくここで線を引いて、僕は演奏し、歌い、何であれ皆を楽しませ、喜ばせ、笑顔にさせられることをし続ける。それで僕を嫌う人は嫌うでしょう。」
L「年の功を教えよう。自分の性的関心が何であれ、認めても認めなくてもケリをつけられる。一度答えれば済んでしまう。すなわち―、もしそうだと答えたら、皆どうするか?頭を叩く?歌を聴かなくなる?そんなことはない。もし違うと答えたら、皆どうする?君は今自分と世間両方を勝ち目のない立場に置いている。自分も世間も両者勝ちにできるのに」
C「それか僕は『もう忘れてくれ、僕はもう話さない』と言う事もできる」
L「そしたら君は家の写真を撮り続けられるぞ」
C「そしたらやめてくれと言い続けるだけです」


(やっぱりクレイって頑固だ(笑)。まぁそうさせてしまった世間が悪いんでしょうけど。それにクレイの言う事もわかります。ゲイじゃないと答えたら、今度は恋人は誰だ?探しが始まるでしょうし。でもLarryの言う事も一理あるような。)


L「でも皆写真を撮り続けて、君に訊き続けるぞ。『なんで答えないんだ?』って言うだろう。君の選択にかかってるぞ」
C「僕は家に車で来て写真を撮るのはやめてほしいと願ってます」
L「家に来るな、と伝えたらどうだい。」
C「道に鋲でも打って、タイヤをパンクさせてやりますよ」
L「わかった。もし仮に君がゲイだったらと考えて、君のキャリアに関係があると思うかい?皆CDを買わなくなると?」
C「いや、思いません。」
L「私も思わないよ」
C「アメリカはずいぶん進んでると思います。あまりそんなこと仮定しないですけど。他にやることがあるので」
L「でも、キャリアの終わりだとは思わない?」
C「全く思いません。今日の有名人がやってる行動を見て、あれでも成功できるなら、誰でも何だってできますよ。僕は誰かを殺そうとか思ってませんし(笑)。でも、何度も言いますが、あまり考えたこともないので」
L「もう一つ、この一連の出来事はつらかった?」
C「一連の?」
L「うわさ」
C「そうですね」
L「タブロイドが書いてたの知ってるだろう」
C「正直言って、パニック発作が少しひどくなったのはこのせいだと思います。」
L「本当?」
C「家にいたら人が来て、高校の友達とか色々、時には家族でさえ、僕のことを知っていて、タブロイドの記事はうそだと知っていても、『何と言えば?』って戸惑っているのは楽しいものじゃないですよ。部屋にいても口には出せない話だから、周りに人がいると居心地がよくないんです。それが家族であれ、友達であれ、外に出たときであれ、僕の思いは…、さっき言ったように、僕のことをよく知っている人たちは、そんな話を信じなければいいとわかっていました。でも、外に出たら…ショッピングモールやお店に行って皆が僕のことを見てたら、前から皆は見てましたけど、今は『彼の記事読んだぞ』とか『ラジオであんなことやこんなことを聞いたぞ』って思ってるんだろうなって考えちゃうんです。たぶんそんなこと思ってなかったんでしょうけど、僕の頭にはいつもそれがよぎりました」
L「ノースカロライナのショッピングモールでもそう思ったのかい?」
C「どこでもです」
L「どうやって始まったか知ってるかい?」
C「パニック発作が?」
L「うわさが」
C「知りません。全然わかりません。」
L「誰かが書いた一つの記事からだろう。覚えてるかい、…?」
C「わかりません。気にするのをやめたんです。初めて聞いたのは、実はあなたと最初に会ったときですよ、ラリー、アメリカン・アイドルの直後に初めてあなたの番組に出て、ニューヨークからルーベンと衛星を通して出演してたんです。あなたはここにいて、 National Enquirerの記事がどうとか言ってました。そのとき僕は初めて聞いたんです。で、僕は『ラリーはいい人だと思ってたのに、何だこれ?』って。全然予想もしてませんでした」
L「私はいい人間だよ」
C「ええ、そうです。でも僕は何でそんな話が出るのか全然わかりませんでした。それでその時、僕があの番組はヤラセだとかばかげてるとか言ったって言う人がいたんです。もちろん全然知らない人ですよ。たぶん皆退屈して、何か話をでっち上げたんだと思います正直に言って、本当に聞いたことがなかったんです。その時気づきました。その夜、僕たちが帰るときに、『これから、どんどん話をでっち上げられる。どうしたら一番いいか知ってる会?無視することだ』って」


(この後、CM前にあのAI5の映像が!何度観ても笑える!)


↓ちなみにコレ、Jimmiy Kimmelなんですが、あまりにかわいいので、つい。


normal_jk-07.jpg

スポンサーサイト

<<Clackいろいろ | ホームへ | 今日のおまけ>>

Comment
翻訳ありがとうございます!ちなみに私もずっとアメリカでは生でやってると思ってましたwスカパーで朝10時からのと夜12時からのを二回見たのですが、朝のやつはものすごいぶった切り方だったものでw
クレイには常につきまとうゲイ疑惑は確かにLarryが言ってることも一理ありますよね。でもクレイは以前答えたわけですから本来ならばそこでゲイ疑惑は終わるべきだったはずなのに。クレイが頑なになる理由もちょっとわかる気がします。
【2006/09/30 17:00】 | ぱい #V5TnqLKM | [edit]
これ、打ち込むだけでも大変だったでしょうね~。
本当にありがたいですが、ちょっと申し訳なくなっちゃいます。
Larryの意見、Clayの意見、どちらも一理あると思いますがClay自身のことなのだからClayがしたいようにするだけ、ですね。その考えを変えさせるのは難しそうだし・・・(頑固ですから)。
【2006/09/30 18:45】 | kotobuki #IhcT.W1A | [edit]
お疲れ様です~!
例の噂の始まり、クレイはだいぶ後に知ったみたいですね。噂の一人歩きじゃないですかっ!かわいそうに・・
最後のAI5はやっぱりいいですね♪なんだか懐かしい(笑)「クレイ似の子と歌うことになる」っていうスタッフがクレイに言った言葉には納得いきませんが(笑)newclayaikenさん!私も前髪クレイにドップリですよ!デコ出し派だったはずが・・。
【2006/09/30 22:40】 | YOU #- | [edit]
>ぱいさん
そうですね。答えたら終わり、なんてそんなの信じられないよーっていうのが、クレイの表情にも表れてますよね。

>kotobukiさん
クレイのインタビューは見ているだけで楽しいので大丈夫です。そうですね、第三者がとやかく言うことじゃないのでしょうね。

>YOUさん
YOUさんも前髪派に転向ですか!?うれしいです!!
マイケル・サンダキってそもそもクレイに似てますかね?
なぞです…
【2006/10/01 02:24】 | newclayaiken #- | [edit]
やっと落ち着いて翻訳読ませていただきました!!
いやぁ、Larryもここまでズバッと聞いてくれると逆にスッキリするというか…。
で、こうやってAI5を久しぶりにみると、髪伸びましたよね。
色もどんどん変わっていってるし。
前髪は下ろしてるのがいいですよね!!GMAの時より断然こっちが好きです。
【2006/10/01 09:51】 | うらばん #SFo5/nok | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/01 11:40】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/01 11:59】 | # | [edit]
>うらばんさん
そうですよね、いつも七変化という感じで、かなり楽しめます。人それぞれ好みがありそうで、それを皆で論じ合ったらすごいことになりそうですね(笑)

>HS Girlさん
あ、打ち間違いです!ごめんなさい。
ありがとうございました。

>junjunprimonさん
ありがとうございました!いやぁ~お恥ずかしいv-402
いくら急いでてもその辺の調査はきちんとしないとだめですね…申し訳ありませんでした。
【2006/10/01 21:23】 | newclayaiken #- | [edit]
コメントありがとうございました!
リンクをはらせていただきました。

当方のブログは海外ドラマについての話題が多いので無理にはっていただかなくても大丈夫ですよ~
お任せします!
【2006/10/01 22:43】 | junjunprimon #- | [edit]
>junjunprimonさん
大丈夫です、貼らせていただきますよ!
そういう方のリンクも貼らせていただいてますし、ここに来る方は海外ドラマのファンの方も多いので。
【2006/10/02 06:40】 | newclayaiken #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newclayaiken.blog54.fc2.com/tb.php/90-f6baa945
| ホームへ |
プロフィール

newclayadorer(NCA)

Author:newclayadorer(NCA)
The New Clay Aiken―クレイ・エイケン非公式ファンサイト―とBlog両管理人。
ブログでは、サイトで取り上げなかった話題を中心に取り上げます。
女性、クレイと同い年。夫はマイケル・サンダキのモノマネが得意(?)
8月にクレイのツアーに行ってきました!3月にはSpamalotに行ってきます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。