スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

コンサートビデオ

2006.06.30(08:21)
ありがたい文明の発展のおかげで、私達はネット上でクレイのコンサート画像・映像を観ることができます。中には、明らかにクレイがカメラ目線で歌ってるものまであります。でも皆さん、不思議じゃありませんか?なぜコンサートで写真やビデオを撮ることができるのでしょう?私は、この疑問をアメリカのファンの方に訊いてみました。すると、おもしろいことがわかったのです。



アメリカでも、ほとんどのコンサートがカメラを禁止しています。ただ、これはアーティストや会場によって変わるのだそうです。クレイのコンサートの場合、もともとカメラ(写真撮影用)のみが許可されていました。ビデオカメラは禁止されていたのです。しかし、ファンにとってclack(Dictionary参照)がいかに大切かクレイが理解したからか、2005年のJukeboxツアーから全てのカメラが許可されました。よって、それ以前のツアーのビデオ映像は、ファンがこっそり撮ったものなのです。クレイの最初のツアーである2003年のAmerican Idols Live!ツアーでは、プロのビデオさえ許可されていなかったというのだから、驚きです。2004年のIndependentツアーからJukeboxツアーまでは、プロによりビデオが撮影されました。しかし不思議なことに、このビデオは販売されていないのです。なぜでしょう?もし販売されれば、必ず売れることは間違いないのに!



クリスマスツアーだと、また事情が違ってきます。宗教的テーマのツアーであるということから、2004年のJoyful Noiseツアーでは、全てのカメラが禁止されました。2005年になると、写真用のカメラは許可されますが、フラッシュは許されませんでした。クリスマスツアーは会場が狭かったので、フラッシュのまぶしさによりステージが見えず、クレイが落ちてしまうと危険だからです。フラッシュをたくと、会場を追い出されたそうです。



そう思うと、私達がクレイの映像を楽しめるのは、ルールを破ったファン達に負うところもあるのです。でも、ルール違反はよくないですし、感謝するべきでもないのでしょう。複雑な気分です… 公式にビデオが販売されてくれれば、問題ないのに!

17869132-M.jpg

スポンサーサイト

<<クレイを占っちゃいました | ホームへ | クレイあれやこれや >>

Comment












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newclayaiken.blog54.fc2.com/tb.php/544-1bd36e71
| ホームへ |
プロフィール

newclayadorer(NCA)

Author:newclayadorer(NCA)
The New Clay Aiken―クレイ・エイケン非公式ファンサイト―とBlog両管理人。
ブログでは、サイトで取り上げなかった話題を中心に取り上げます。
女性、クレイと同い年。夫はマイケル・サンダキのモノマネが得意(?)
8月にクレイのツアーに行ってきました!3月にはSpamalotに行ってきます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。