スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Prime Time

2006.11.08(06:06)

なぜ今まで取り上げるのを忘れていたのか不思議なくらい、これはクレイを知る基本中の基本のインタビューと言えるでしょう。映像はこちら


Prime TimeのDiane Sawyer(最近、GMAでクレイにゲイの質問をぶつけた人です)によるインタビュー(2003.10.09)。まずは前半からです。


Clay(以下C)「(自分の歌をラジオで聞いて)あ!僕だ! この歌をラジオで聞くのは初めてだ!」


AI2のワイルドカードの映像が流れます。


C「僕の場合、マジメでダサイ男の勝利だったと言える。あの番組にとってすばらしい瞬間だった。皆が前言を(僕はアメリカン・アイドルに見えないと言ったのを)撤回しなければならない機会でもあった。なぜ僕の外見が変なのかサイモンは証明したがってたし、メディアも理由がわかってなかったから、僕はネタをあげようと思ったんだ。」031009_Primetime_07.jpg


ワイルドカードの時の映像が流れます。クレイが自分の耳をさして「イメージは大事だ。でも僕にはこれがあるし、それでかまわないよ。」と言います。」


C「みんな僕のことをデカ耳って呼んだ。うまくいったんだ」


Diane(以下D)「サイモンは時々痛烈な、侮辱するような、熾烈なことを言うわね。」:


サイモンがGreaseで「ひどい」と言う映像へ。


D「でもあなたはそれを受け入れてた。サイモンが『踊るな』って言ったとき、どうやって自信を保ってたの?」


Greaseの映像が流れる。


 030506_04_Grease_08.jpg


C「僕は踊るべきじゃなかったんだよ。本当にひどかったんだ」


D「わかったわ。あの赤いジャケットだけど、いい人も時に変なファッションをしてしまうものよ。『まずい、大きな間違いを犯してしまった』って思ったの?」


C「ああ、あれは間違いだったよ。腰を振ったのは赤いジャケットより大きな間違いだった。赤いジャケットはみんなに『…』って感じだっただろうけど、腰振りは「うぎゃ!」って感じだったんじゃないかな。」


ローリングストーン誌にクレイがサインをしています。


C「ローリングストーンの僕の写真にサインしてるなんて。うそみたいだろ?」


表紙のWhat Would Jesus Do?のブレスレットがアップになります。
ナレーション「生徒の一人からのプレゼントです」


C「番組(AI2)中にもらった初めてのプレゼントなんだ。その夜に着けて、それ以来外してない。僕に必要なものだから。ローリーでの暮らしはずいぶん楽だったけど、LAは少し違うんだ」


C「僕はセックスやドラッグなどについて歌う気はないよ。Measure of a Manの歌詞に、言いたくない歌詞があった。あれ、何だったかな、ごめんなさい、頭の中で歌わなきゃ(鼻歌)。とにかく、セックスについての歌詞で、僕はそれがいいとは思わなかったんだ。とても美しい歌で、そういう歌詞が合うとは思えなかった。だから、そういうのは歌いたくないって言ったんだ。それで歌詞を変えた。Will he make love to youの代わりにWill he always love youにね。」


D「失恋したことはないの?」


C「恋をしたことがあるかどうかわからない。それでも僕は全然かまわないんだ。すぐにのぼせる必要はない。自分のルックスも性格もありのままでいいと思ってるんだけど、誰かを追いかけて振られても大丈夫だと思えるほど自信を持ってないんだ。人付き合いということになると、僕はちょっとシャイなんだ。」


ナレーション「ローリングストーン誌で、彼は童貞だとほのめかしました。また、何度も繰り返される「ゲイなの?」という質問を否定しました。違うと言います。」


C「AI2フィナーレの直後、ルーベンと僕との会見で誰かが訊いてきたんだ。みんなが僕のことを知らないのが問題だと思う。何も知らないんだ。僕は全くの鈍感でもバカでもない。僕は南部なまりだし、南部なまりの人はそういう印象を持たれる…」


D「南部の人はみんなゲイ、ね」


C「イギリス人もだ」


D「あら。(変な声を出す)」


C「僕にはたしかに女々しいところがある。僕は清潔でいることを心がけてるし、長い間母と2人の祖母に育てられたからね。それに気づいてないわけじゃない。僕はみんなが訊いてくるのにも慣れたよ。みんな『奴は酒も飲まないし、女なら誰とでもセックスしてまわるわけでもないんだぜ』って思ってるんだろう。僕はそろそろ、ゲイじゃないけど、女なら誰とでも寝るというわけじゃない人の代表がいてもいいと思うんだ。僕に世界のマジメ男の旗持ちをしろというのなら、僕はそれでかまわないよ。」


ナレーション「お酒も飲まないうえに、タバコも吸いません」


友人Amanda Wardとの映像が流れます。


C「僕の欠点は?」


Amanda(以下A)「欠点?言ってほしいの?」


C「内面を探るインタビューなんだ」


A「わからない。Claytonは自分の思い通りに事が運んでほしいと願うタイプよね。っていうのはどう?」


C「そう?はい、終わり」


A「他の欠点って思いつかないわ」


D「あなた、Fのつく言葉(uck)を言ったことないの?」


C「そんなことないと思うよ。たぶん言ったことあると思う。普段は言わないけど」


D「お茶の間の人は『そんないい子はありえない』って思ってるわよ」


C「いい子じゃないよ。それがまたイライラするんだ。僕が完璧だと思ってる人が多いけど、僕は完璧じゃない。」


D「あなたがする一番ひどいことって何?」


C「一番ひどいこと?…それは困ったな…」


D「ほらね、言ったでしょ。」


C「僕はかんしゃく持ちだよ、本当だ。それから人の英語を直しすぎてしまう。人が悪態をついてたら僕は止めろって怒ってしまうし、それがむかつく人もいるよ」


ナレーション「たしかに神経質な欠点も持ってるようです」


AI出場者の女性 「クレイは水が怖いのよ。かわいいでしょ」


C「僕はここにいるよ。彼らのほうが楽しんでるからあっちを見なよ」


D「ノイローゼについて話しましょうよ」


C「いいよ。僕にあるのかな?」


ナレーション「ある雑誌が伝えたところによると、彼は関節が軟らかく、自分の足の爪を噛むそうです。」


D「足を顔のところに持っていってみて」


C「念のために言っておくと、僕はもう今は足の爪を噛まないよ」


D「そう。」


C「でもやれと言うならできるよ(つま先を顔の前に)」


D「あら、まあ!」


C「その記事が出てから、ひどいファンレターをたくさんもらったよ(笑)」


Cがつま先を180度後ろに向ける映像が流れます。


D「サーカスみたいね!」


C「気持ち悪いね(笑)」


ナレーション「万能の子供は、大きなメガネをして育ち、学校では他の男の子たちにいじめられました。彼は母親と継父Ray Parkerとに育てられました。Parker氏は昨年亡くなっています。しかしもう一人、Clay Aikenの人生に大きな影を落とした男性がいました。その名はVernon Grissom、彼もまた歌手でした。」


C「母は僕が生まれる前に歌ってたんだ。バンドで僕の実父と共にね」


D「あなたはお父様に似た声なの?」


C「父に似た声?」


D「お父様のように歌うの?」


C「僕の父はRay Parkerだ」


ナレーション「では、クレイは生物学上の父親をどう思ってるのでしょうか?」
(父親Vernonの写真が映る。クレイはイヤかもしれないけど、はっきり言って顔はクレイに似てる!)


031009_Primetime_39.jpg


C「彼は精子提供者と呼べるね(笑)。時々冗談でそう呼ぶんだ。僕の歌声が父親に似てるか?そうは思わないよ。」


D「もし今日彼が電話してきたら、その電話を受ける?」


C「…(長い沈黙の後)…ああ。もし僕に電話をかける努力をしてきたなら、僕はとる。でも彼がそうするとは思えないよ」

スポンサーサイト

<<何語? | ホームへ | Claymateの詩>>

Comment
翻訳ありがとうございます。クレイが「生物学的上」の父親の話をするインタビューは(自伝の中でもそうですが)、クレイの心に深い傷が残っている事が強く伝わってきて胸が痛みます。でもクレイはそれをひとつひとつ乗り越えてきて、今の素晴らしいクレイがいるんですよね。お酒や行動に関してもクレイの価値観はスターの中では珍しいのでしょうが、クレイ自信が信じる「正しい考え」を貫き通すんでしょうね。彼は強い気持ちを持ってるし。でも本当に頑固ですよね~。
【2006/11/08 10:12】 | maple #- | [edit]
以前このインタビューを見ましたが、これで細部まで内容がわかりました。(クレイの基本なんですね!?)
ピアノ伴奏だけのMOAMいいですね~

ーマジメでダサイ男の勝利だったと言える。あの番組にとってすばらしい瞬間だった。ー
アメリカン・アイドルの成功と人気はこの部分だと思います。出場者はみるみるあか抜けていきますね。ダサイ男から変化していくクレイはその代表格ですね。
【2006/11/08 12:17】 | MAY #- | [edit]
このインタビュー、翻訳していただけて嬉しい!
前半最後の質問に対しての長い沈黙がクレイの心境を表しているようで、胸が痛くなります。答えた後の表情も見ていて辛い・・・。基本的に人を憎んだりすることが苦手であろうクレイが実父に対して抱く気持ちは、他人には計り知れない複雑なものなんでしょう。
そんな内容とは対照的にクレイのルックスが光り輝いているのが妙な感じです。(ステキですけどね♪)
【2006/11/08 16:48】 | kotobuki #IhcT.W1A | [edit]
>mapleさん
強いから頑固なのか頑固だから強いのか…。でもLerning To Singの中の、Solitaireで父親を思うというところは泣けましたv-409お母さんや家族の愛情のおかげか、本当に強くて優しいすばらしい人になりました。

>MAYさん
私には基本に思えます。Dianeも好きなんです。彼女はクレイの大ファンで、先日はあの質問のせいでちょっと気まずい雰囲気になりましたが、このインタビューやら、今までの付き合いがあったからこそ訊けたのではないかと思っています。

>kotobukiさん
そうですね。あの時のクレイの心の動きは、両親のそろった家庭に育った私には想像を絶するものがあります。母親や自分に対してしたことは許せない、それでもやっぱり…というのはやはりあるのでしょうか。
この日のクレイのルックスは本当に素敵ですよねv-238
【2006/11/08 20:05】 | newclayaiken #- | [edit]
あ~とうとうきましたね。
これ、敢えて翻訳されないのかと思ってました。
なんていうか焦点ど真ん中って感じで、映像とともに忘れられない内容です。
いずれにせよ、このインタビュアーは凄い人ですね。
【2006/11/08 21:03】 | keim #GdAGOLT6 | [edit]
>keimさん
よく考えたら、今まで過去のものはリクエストにお応えしてきたので、「リクエストされなかった」のが理由でした。
ということで、私自身のおススメがこれ、という感じでしょうか。
本当に忘れられないです。
【2006/11/08 21:40】 | newclayaiken #- | [edit]
可愛いですね~クレイ。キラキラしてます♪それにしても神様のイタズラでしょうか、実父Vernonさんクレイとそっくりですね。驚きました!映像イヤホンで聞いたんですけどピアノの所とか、そばで歌ってるみたいで気絶寸前でした(笑)長いですが、続き楽しみにしてます♪ありがとうございました!
【2006/11/08 23:10】 | YOU #- | [edit]
クレイには申し訳ないですが、ほんとにお父さんに似てますね。
彼がいなければクレイは存在してないわけで…その点ではちょっとだけ感謝かもしれません。
私の家族にも過去にイロイロあったのですが、クレイのように親のことを考えたことはありません。
んんん…うまく表現できないんですが、それだけクレイは父親に対して嫌悪感を持っているんだなぁと。よっぽどの事が無い限り親に対して「精子提供者」なんて冗談でも言えないですよね。
【2006/11/08 23:17】 | うらばん #SFo5/nok | [edit]
翻訳ありがとうございます!!最初のほうはクレイも生き生きとして、元気で、見ていてすごくうれしくなりますね。おなじインタビュー女性との最近の映像とはぜんぜん違いますね!でもつらい過去の話、その痛みが現在もつづいているというデリケートな部分に触れる話では、見ていると胸が痛みます。こういうインタビューって事前にすこしは打ち合わせとかしていると思うのですが、なぜ、クレイにとってつらい話、意地悪な話をわざわざ聞くんでしょうか?それが有名人の宿命なんてゴシップ界(?)が定義つけているのには納得がいきません。根掘り葉掘り聞くなんて失礼だと思うんです。モラルの問題だと思うのですが。彼女のせいではないかもしれないけれど、この女性インタビュアーがますます嫌いになっちゃいました。あー、なんだか悲しいです。
【2006/11/09 00:22】 | mimi #FrNKfaWs | [edit]
>YOUさん
改めて観て、私もびっくりしました。似てますよね。クレイは美男美女カップルの間の子だからあんなにキレイなんですね。
後半はもう少しお待ちくださいね。

>うらばんさん
そうですね、やっぱり酒乱で母親に暴力をふるった、というのが一番許せないんじゃないかと思います。しかも子供のころ会いに行ってもソリティアばかりしていて、クレイが行かなくなったら電話もしてこない、という父親ですからね。でもそのお父さんも亡くなったし、今のクレイの気持ちはまた変わったのではないでしょうか。

>mimiさん
そうですねぇ、おそらく打ち合わせ済みでしょうし、クレイも承諾したことなんだと思います。Dianeはクレイが言ったようにそれが仕事ですからね。彼女は過去のGMAのコンサートでも司会をしてますが、クレイと親しげにしています。Dianeはクレイのファンだし、きっとクレイも彼女のことは嫌ってないと思うんですよ。…となぜ私が彼女の弁護をしてるのかわかりませんが(笑)、許してあげてくださいv-392
【2006/11/09 06:19】 | newclayaiken #- | [edit]
私もDianeの弁護に立つわけではないですが・・・彼女含め、アメリカのジャーナリストは辛口で率直に質問するとか時にはそれによって自分の身が危なくなるようなこともやってのけるのです。日本の可愛い局アナとちょっと立場が違いますよね。だから自分たちのことをアナウンサーとかインタビュアーといわないでジャーナリストと表現するんでしょう。彼女、業界だけでなく各界から尊敬されていてかのオプラも彼女のファンだし、9・11のとき次々と入ってくる速報に対応するためすっぴんで眼鏡をかけてニュースを読んでいるときプロの意気込みを感じました。

ところでこのインタビューのころはClayの実父の話題だけがスキャンダルで多きく取り上げられていましたが、今回のパニック症候群に関しては継父との関係も大きそうで、そのたびに自分をさらけ出さないといけないClayも宿命とはいえ、気の毒です。
【2006/11/10 22:26】 | びばりぃ #- | [edit]
>びばりぃさん
ありがとうございます。そういえばLindaさんもDianeに関してそんなこと言ってましたね。クレイもジャーナりストにあこがれてたそうですが、トークショー持ったらどうなんでしょうかね。
ところで、クレイは継父との関係もよくなかったし、2人とも早くに亡くなってしまったし、そのうえ罪悪感も感じたそうだし、一家の長として責任を感じるだろうし、なんだか痛々しいです。
【2006/11/11 05:33】 | newclayaiken #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newclayaiken.blog54.fc2.com/tb.php/147-0a44c360
| ホームへ |
プロフィール

newclayadorer(NCA)

Author:newclayadorer(NCA)
The New Clay Aiken―クレイ・エイケン非公式ファンサイト―とBlog両管理人。
ブログでは、サイトで取り上げなかった話題を中心に取り上げます。
女性、クレイと同い年。夫はマイケル・サンダキのモノマネが得意(?)
8月にクレイのツアーに行ってきました!3月にはSpamalotに行ってきます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。