スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

The Standard

2006.10.31(06:26)
昨夜は睡魔に負けてアップできませんでした。ごめんなさい!

リクエストにお応えして、カナダのTV番組The Standardでのクレイのインタビューの翻訳をお届けします。
クレイが2005年にJNTでバンクーバーに行ったときに撮影されたもので、11月1日に放送されました。


すばらしいインタビューなので、うまく訳しきれてないのが申し訳ないです。まずは前半から。



Laura(以下L)「あなたかルーベンかってなった時、(優勝が)自分ならいいなって思ってたの?」
Clay(以下C)「いや、僕じゃないってわかってたから。その前にカードを見たんだ。2人とも負けるのを覚悟してたと思うよ。ルーベンも僕も、あの状況で愛する人たちとしばらくの間離れてて、僕たちは家族みたいになってた。16週か17週ぐらい一緒に頑張ったんだ。」
L「あの後、ファンイベントが落ち着いてベッドに入る時にでも、『あー次のアメリカン・アイドルになれなかった』って落ち込んだの?」
C「そんな時間はなかったよ。ファンイベントが終わったのは、つまり、最初に休めたのは…よく覚えてないけど、その日はベットに入らなくて、飛行機に乗ってNYに向かったんだ。次の日は朝の6時から1日中取材があったし。あの日から、11月ぐらいまでその次にいつ寝たのか思い出せない(笑)。そんなひまなかった。ほんとだよ。でもそう言っても誰も信じてくれなくて参ったよ。他の人がそう言っても信じなかった。3位のキンバリーロックもそうだったみたいだ。別に優勝だけが目的じゃないんだ。それぞれ目的があって番組に参加する。優勝者はレコード契約することになるのだから、歌手にならなきゃいけない。だから絶対優勝したいと思ってたわけじゃないんだ。僕はレコード契約がもらえたし。よく冗談で『あぁ…負けちゃったよ』って言ったけど、そんなに気にしてないんだ。」
L「ルーベンとはすごくいい関係なんでしょう?親友の一人だって言うこともあるわね」
C「そうだよ。あの(AIの)後は家族みたいになるんだ。僕らは長いこと一緒に住んでたし。競い合うという感じじゃなかったんだ」
L「今日ルーベンがどこにいるか知ってる?」
C「ああ。アラバマで次のアルバムの仕上げをしてるよ。来年の初めぐらいに出るだろうね」
L「すばらしいわ。あの番組とその関係者のおかげで、すごいチャンスを与えられたんじゃない?飛ぶ事だって可能なぐらいの。」
C「あの番組のおかげで色々と経験したよ。好きな歌という仕事につけたし、会えるはずもなかった人に何百人と会ったし、いやな問題も起きた。僕にとって大事なことを話す機会も得たし、それが一番うれしいことだね。日々僕は『わぉ。すごいな僕の仕事は。うそだろ。』って思うんだ。『僕は外国にいて、しかもそこでも僕の話が聞きたいってさ』って。僕は子供の頃ホームタウンからあまり離れたことはなかったのに、今バンクーバーにいる。信じられないよ。毎日が驚きの連続だ。でもしばらくしたらいちいち「わぉ」って言ってられなくなる。もし毎回言ってられるならどんな機会にも「わぉ。信じられない」って思えるけど、しばらくしたら、当たり前のことになるからね。でも全てが退屈だと思うことは絶対にないだろう。だってどんな仕事も、どんな機会も違うから。インタビューも旅行もパフォーマンスも、全てが新しいんだ」
L「今まで得たものを使って一番何がしたいの?」
C「何がしたいかを特定するのは難しいよ。というのも、一つは、キャリアを考えた時に、10年後とか15年後のことはあまり考えたくないんだ。僕は神に運命を任せたいし、あらゆる可能性を逃したくない。何かを追い求めるあまり、他のことを逃したくないんだ。ただ、「僕にとって本当に大事なんだな」とよく考えるんだけど、僕は障害児とともに働きたいし、人々に障害児が社会に出ることの重要性を話したい。それに関する仕事をしたいし、ユニセフの大事な役割も話したい。さらに僕は、子供の人格教育も、読み書きも、一般教育も大事だと思う。ただ日々そういうことは色々と言われていて、僕は毎日色々と違う意見を聞いたり読んだり誰かが話してるのを聴いたりして、「誰かがもっと出てこういう話をすべきだ。」って思う。残念なことに僕はできないんだ。だって「クレイはいつも『これにお金を!』とか『これに時間を!』とか言う」って言われるから。僕にとって一番大事なのは、どんな機会に話すのであれ、カメラの前に現れても新聞に現れても、親が子供に読ませたり聞かせたりしても大丈夫だと思い、子供が聞きたいと思う話をしたい。この仕事をしてる限り、人の手本になる。望もうが否か、いい手本か悪い手本かは別にしてね。僕はできる限りいい手本でありたいと思ってるんだ。」
L「誰に教わったの?若いのに、すばらしい将来の考え方だわ」
C「僕はそんなに若くないよ(笑)。誰かに教わったわけじゃない。教わるものじゃなくて、周りの人から学ぶものなんだ。もちろん僕には母が、両親がいたし、特に母からはその点ですごい影響を受けた。母はとても強い人だし、正直で、愛情深くて、清廉潔白な人だ。自分のことより地域の人々のことを考えている」
L「あなたはユニセフの代表として最近私の故郷ウガンダに行ったわね?自分とは全く違う生活を見る機会だったと思うけど、あの経験から何を学んだの?」
C「僕は時間のある時はいつもニュースを見るし、知識のあるほうだと思ってたし、世界の時事についてよく知っているほうだと思ってたけど、ウガンダに行って、LRA(反政府組織「神の抵抗軍」)がいる北部の現実を目の当たりにすると、"Night Commuter Phenomenon"(直訳すると夜間通勤現象)を、あなたは知ってるだろうけど、多くの人は知らないんだ、子供たちが自分の村で脅威を受けている。ウガンダ北部には3つの地域があるんだ。子供たちは夜、自分の家で寝られない。たった1000人ほどのLRA兵士のせいでね。彼らは村を襲い、子供を殺し、虐待し、レイプし、誘拐してセックスの道具として使い、奴隷として使う。6歳から14歳の子供だよ。子供をターゲットにした世界で唯一の戦争なんだ。両親は傷つけないし、大人はあまり殺されない。子供を狙うんだ。子供も、その家族もおびえている。だから夜に、もう18年も続いてるんだ、子供は村を出て、ウガンダの北部の街に出る。そこで、道の上や、店の外や、病院の駐車場やバスの駐車場で寝る。安全な場所ならどこでもね。都市は政府が守ってくれるから。でも都市の外は守ってくれない。だから子供たちはもう18年もそんなことを続けなければならなかったんだ。それで僕が学んだのは、欧米などの先進国のメディアでは、TVはもっと衝撃的で性的なことにしか関心がない。僕は過去18年の間に聞いたことがなかったんだから。そんなことが起こってるなんて知らなかった。異常だよ。多くのメディアは取り上げない。なぜかはわからないけどね。なんで取り上げないのか全然考えられない。でもそう学んだよ。それからやるべきことより政治的策略によって国の行動が決まってるんだと学んだ。僕はどんな理由があっても子供を殺したりレイプしたり性的虐待を加えたりするのが正しいと言う人を一人も想像できない。それでも止まらない。誰も何もしない。だからいらいらするよ。このことを話すと腹を立ててしまうんだ」


続きはクレイの理想の妻像などをお届けします!

スポンサーサイト

<<とりあえず笑えます | ホームへ | Happy Halloween!!>>

Comment
おはようございます♪読ませていただきました!CLAYのどこが好きかって、だれも触れない様なことをちゃんと伝えられるところ!!歌も好きですが、嫉妬に近いですf^_^;
もっとメディアは叩かれるべきだし、国連は各国の利益になることしかやらないことに気付いてほしいです。UNICEFだって国連の組織ですし。
訳ありがとうございます♪♪♪
【2006/10/31 07:23】 | オリーブジュース #- | [edit]
翻訳をありがとうございます!クレイの素晴らしい人間性に触れる事の出来るインタビューですね。オリーブジュースさんのおっしゃる通り、クレイのアンテナの高さ、考えの深さ、それを分かり易い言葉(早口ですが 笑)でしっかりと伝えられるクレイにちょっとenvyです。こんなクレイがトークショウを持ったら素敵な番組になるでしょうねv-410
【2006/10/31 09:27】 | maple #- | [edit]
これでしたか~。結構長いインタビューで翻訳大変でしょうね。でも内容知りたかったので嬉しいです♪いつもありがとうございます。
いつも思うのですがクレイの視点には考えさせられる事が多く、こちらとしてもいろいろと勉強できるいい機会になります。ニュースや新聞の片隅にちょこっと載るよりも、こうしてクレイが取り上げることで多くの人がこの深刻な問題に気付いて関心を持つようになればこんなに素晴らしい事はないですね。
後半私にはちょっと笑いのツボの場面があるので、楽しみにしています♪
【2006/10/31 11:25】 | kotobuki #IhcT.W1A | [edit]
長大な翻訳本当にありがとうございます。くつろいだ雰囲気の中で情熱的に語るクレイの言葉、YouTubeでみて何度すみからすみまで意味がわかりたいと思ったことか・・。
あと、シッポふりふりのローリーちゃんの姿、なごみますね~
【2006/10/31 12:25】 | yukiya #4ZLrssqQ | [edit]
翻訳ありがとうございます!クレイも言っていますけど、なぜメディアがこうした問題を取り上げないか。それは大抵の国ではそうだと思うのですが、政府が後ろで情報をコントロールしているからです。問題になりそうな事件などは伏せてしまったりするそうですから。だから私の住む国でも、たとえば殺人事件の多くはテレビで報道されないことに決まっていますし(模倣犯を防ぐため)、世界的ニュースでも各国で報道の仕方がぜんぜん違うのには驚きます。(昨年のフランス暴動など。)個人個人が意識を持って事実を見極めていかなきゃならないですよね。
あっ、私もクレイのように熱くなってしまった・・・。ぽっ。
【2006/10/31 18:35】 | mimi #FrNKfaWs | [edit]
>オリーブジュースさん
わかります。私も同い年として自分が恥ずかしい気分です。私はウガンダの現状だってクレイが語るまでよく知らなかったんですから。人前に出て話すのにふさわしい人ですね。

>mapleさん
リクエストありがとうございました。本当に取り上げられてよかったです。早口で苦労しましたけど(笑)
真面目な話も笑い話もできるクレイはきっとすばらしいトークショーのホストになれますね。

>kotobukiさん
おっしゃるとおりですね。クレイは本当に声を使って世界を変えていると思えます。
笑いのツボってどこでしょう?あそこかな?

>yukiyaさん
どういたしまして。
後半のローリーちゃんのところもかわいくて大好きです!
今日翻訳アップできるかな?

>mimiさん
ありがとうございます。
フランスでは殺人事件も報道されないんですか!?知りませんでした。
本当に、メディアに踊らされず、自分自身で色々な見聞を広めるのが大事ですよね。私ももっと勉強せねば。
【2006/10/31 19:14】 | newclayaiken #- | [edit]
なんだか、クレイはすごいなぁって思います。(いつもなんですが)
普段からもニュースを見たりて時事問題を把握し、実際に現場に行き、その状況を世界の人に伝える…。その行動力は素晴らしい。
正面から見つめなければならないものを報道が、政府が邪魔をする。そういった行為に対して腹が立ちます。今まで無関心だった自分にも…。

長い長い翻訳ありがとうございます!
これを話してくれたクレイに感謝、そして翻訳してくださったnewclayaikenさんに感謝です!
【2006/10/31 20:27】 | うらばん #SFo5/nok | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/31 21:28】 | # | [edit]
こんなに長々とクレイが熱く話すインタビューははじめて見ました。さぞnewclayaikenさん大変だったのでは・・?
でもクレイの言ってる事には本当に(いつもですが)感心するとしか言葉が見つかりません。その辺のクレイより上の大人よりちゃんとした言葉で自分の考えを語れてて素晴らしいです。newclayaikenさんクレイの早口と長い会話に負けずに翻訳していただいてありがとうございます!次回の理想の妻像、ものすごい楽しみです♪うふふ(笑)
【2006/11/01 00:16】 | YOU #- | [edit]
>うらばんさん
どういたしまして。
私も同感です。クレイに会ったら、「僕のことより、もっと世界の子供たちに関心を持って!」って怒られそうな気がしてきました…v-390

>mapleさん
それはきっと愛の力ですよ!
あれ、私は愛が足りない?(笑)

>YOUさん
いえいえ、やってるほうは楽しんでます。というか、今回は特にクレイの言葉を伝えたい!伝えられてうれしい!と思いました。
【2006/11/01 04:25】 | newclayaiken #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newclayaiken.blog54.fc2.com/tb.php/135-430ee419
| ホームへ |
プロフィール

newclayadorer(NCA)

Author:newclayadorer(NCA)
The New Clay Aiken―クレイ・エイケン非公式ファンサイト―とBlog両管理人。
ブログでは、サイトで取り上げなかった話題を中心に取り上げます。
女性、クレイと同い年。夫はマイケル・サンダキのモノマネが得意(?)
8月にクレイのツアーに行ってきました!3月にはSpamalotに行ってきます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。