スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ファンクラブビデオ

2006.10.14(00:32)

Newsに書きましたが、ファンクラブでクレイのビデオが観られます。


そのビデオをアップするのはファンクラブの規約に反する&ファンクラブメンバーを増やしたいのでやめますが、翻訳だけはアップしようと思います。


クレイがATDW作りへの思いを語ったインタビューです。


映像は、CD USA(News10/1参照)のインタビューで一部映っていたクレイが座ってインタビューを受けている映像と、ETで映ったアルバム撮影風景と、ATDWのスタジオ収録風景などが混じったものです。


OFCcap2.jpg


インタビューはこちら↓


最初にスタジオでレコーディングしたときは何を歌うか誰と一緒にやるかというのは全て言われるがままだった。今回はジェームス・フォスターと僕がこのアルバム作り全てに関わったんだ。選曲だけじゃなくて、プロデューサーに誰を迎えるかどういう音を聴かせたいか、この技術を使いたいとか、この曲でこういうテーマのメッセージを伝えたいなどまでね。だから僕にとって本当に全過程と言えるよ。


このアルバムでは過去の20年間の名曲を入れたかった。そして僕はラブソングとともに育ってきたんだ。だから、偉大な歌手たちによって作られ、歌われてきたそういう曲に少し手を加えていった。


他の歌手たちによってよく知られている歌だから、僕はちゃんと違うものにアレンジできているか確かめたかった。僕は真似をしたいわけでも、上手く見せかけたいわけでもなくて、全然違う歌い方をしたかったのだから。


第一に、ほとんどがカバーソングだから、明らかにファーストアルバムとは違う。一番大きく違うのは、僕が(アルバム作りに)関わる機会を持てたということだと思う。


ただのカバー・アルバムにはしたくなかったんだ。やっぱりオリジナル・アルバムと言いたかったから、アルバムには4曲新曲を入れた。


難しかったよ。新曲の数は3,4曲に限られてるし、クラシックな名曲に肩を並べられる新曲を4曲選ぶのは大変だった。でもうまくいったと思う。4曲はすばらしいうえにそれぞれが全然違う顔を見せている。


僕は自分を作り変えたくはなかった。髪型は少し変えたし、格好も変えたけど、そんなの小さな変化だよ。ジェームスはいつも自分の行くべき道をそれるなと言うけど、いいアドバイスだと思う。いつもあまりに自分を変えようとしすぎると、世間はその人に何を期待すべきかわからなくなるという危険があるから。世間が期待してるのはニューアルバムだけど、そのアルバムは皆が予想しているものと全然違うし、最初に気に入ってくれた僕とも全然違う。ファーストアルバムでは感情を激発させる歌がたくさんあった。たぶん歌が僕に合うからだろう。


今回もそういう感情を見せながらも変化を見せて、毎回「あ~」って声を張り上げるばかりじゃなくて、もっと涼しげに、落ち着いた、キャンドルの光が似合うような歌にしたんだ。平凡になりがちだけど、それでもスタイリッシュな歌にね。


この歌は愛をテーマにしている。僕にとってラブソングのいいところは、好きなように解釈できるところだ。ロマンチックに解釈してもいいし、友情として解釈してもいいし、プラトニックな関係だと解釈してもいいし、皆が好きなように感じてくれたらいいと思っている。皆がアルバムのそれぞれの歌をとって、「この曲を最初に聴いたときのことを覚えてるけど、今は違って聴こえる」とか「この曲はこんなふうに親近感がわくよ」とか言ってもらえるといいな。


僕らのファンのすばらしいところの一つは、何であろうと僕らのやることをサポートしてくれることだ。このアルバムで本当の僕を見せられてとてもうれしいよ。


自分が歌ったトラックを聴いて、「もうちょっとこういう感情を加えたい」とか「もうちょっと落ち着いて歌いたい」「もうちょっと激しく」「もうちょっと新鮮さを加えたい」とか言えるのは、気持ちよかったよ。全ての部分で自分の意見を言えるのはすばらしい体験だった。


僕はプロに任せるところは任せたい。僕は歌うプロで、プロデュースするプロがいる。でも、Broken Wingsのように最先端っぽい音を入れたのは僕のアイデアで、皆が関わる中で、やりたいことをやらせてもらえるのは素敵だよ。


もっと曲を作れって言う人もいるけど、わからない。作りたい情熱に駆られたら作ろうと思っている。座ってさぁ作るぞっていう感じで作りたくはない。

スポンサーサイト

<<一番好きな準優勝者! | ホームへ | 金正日>>

Comment

またまた翻訳ありがとうございます。ほんと、頭が下がります~。

ほんと、こちらフランスにはまったくクレイの情報もなければ、newclayaikenさんのようなすばらしいファンサイトもないので、毎回こちらへ来るのを楽しみにしています!

どうしたらフランスにクレイのファンを作れるか・・・。そこで、今日「あー、どうしていままで考えなかったんだろう!」と思いつき、アマゾン・フランスのクレイのニューアルバムのところにコメントしてきました!これまでまだひとつもコメントがなかったんです。これを読んで興味を持ってくれるフランス人がいたらいいなー。視聴もできるし、私のコメントと合わせたら、もう、即買いですよっ!(笑)

ファンとしては当然、「星5つ」つけときました!
【2006/10/14 06:14】 | Neo #FrNKfaWs | [edit]
>Neoさん
v-425すばらしいです!そうだった、私もしてませんでしたー…
あれは結構参考にしますよね!!
フランスファン、増えたらいいですねぇ!(探せばいるかも?フランスにはMySpaceとかMixiみたいなものってないんですか?)
【2006/10/14 06:22】 | newclayaiken #- | [edit]
翻訳ありがとうございます!
ファンクラブのビデオ、撮影風景とかたくさん見れて得した感じです♪
ATDWはクレイの意見がたくさん通ってクレイが作り上げたアルバムだからMOAMより魅力が増してるんですね!



【2006/10/15 00:11】 | YOU #- | [edit]
>YOUさん
もともとのアイデア(カバーのラブソング名曲集)はクライブ・ディビスが「命令した」って昨日のTyraでも言ってましたが、いろんなプロセスに関わったのは間違いないみたいですね。クレイの意見かーと思うと魅力も増します!v-10
MOAMも好きなんですけどね(笑)。
【2006/10/15 05:56】 | newclayaiken #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newclayaiken.blog54.fc2.com/tb.php/113-9c9235e1
| ホームへ |
プロフィール

newclayadorer(NCA)

Author:newclayadorer(NCA)
The New Clay Aiken―クレイ・エイケン非公式ファンサイト―とBlog両管理人。
ブログでは、サイトで取り上げなかった話題を中心に取り上げます。
女性、クレイと同い年。夫はマイケル・サンダキのモノマネが得意(?)
8月にクレイのツアーに行ってきました!3月にはSpamalotに行ってきます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。