スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

コンサートビデオ

2006.06.30(08:21)
ありがたい文明の発展のおかげで、私達はネット上でクレイのコンサート画像・映像を観ることができます。中には、明らかにクレイがカメラ目線で歌ってるものまであります。でも皆さん、不思議じゃありませんか?なぜコンサートで写真やビデオを撮ることができるのでしょう?私は、この疑問をアメリカのファンの方に訊いてみました。すると、おもしろいことがわかったのです。



アメリカでも、ほとんどのコンサートがカメラを禁止しています。ただ、これはアーティストや会場によって変わるのだそうです。クレイのコンサートの場合、もともとカメラ(写真撮影用)のみが許可されていました。ビデオカメラは禁止されていたのです。しかし、ファンにとってclack(Dictionary参照)がいかに大切かクレイが理解したからか、2005年のJukeboxツアーから全てのカメラが許可されました。よって、それ以前のツアーのビデオ映像は、ファンがこっそり撮ったものなのです。クレイの最初のツアーである2003年のAmerican Idols Live!ツアーでは、プロのビデオさえ許可されていなかったというのだから、驚きです。2004年のIndependentツアーからJukeboxツアーまでは、プロによりビデオが撮影されました。しかし不思議なことに、このビデオは販売されていないのです。なぜでしょう?もし販売されれば、必ず売れることは間違いないのに!



クリスマスツアーだと、また事情が違ってきます。宗教的テーマのツアーであるということから、2004年のJoyful Noiseツアーでは、全てのカメラが禁止されました。2005年になると、写真用のカメラは許可されますが、フラッシュは許されませんでした。クリスマスツアーは会場が狭かったので、フラッシュのまぶしさによりステージが見えず、クレイが落ちてしまうと危険だからです。フラッシュをたくと、会場を追い出されたそうです。



そう思うと、私達がクレイの映像を楽しめるのは、ルールを破ったファン達に負うところもあるのです。でも、ルール違反はよくないですし、感謝するべきでもないのでしょう。複雑な気分です… 公式にビデオが販売されてくれれば、問題ないのに!

17869132-M.jpg

スポンサーサイト

クレイあれやこれや

2006.06.29(08:25)
Biographyの新アルバム収録予定曲について、解説し忘れてました。



Back For More 、Tears Run Dry、1000days、Just Youは、JukeBoxツアーで「新アルバム用の新曲」として歌われたものです。動画を順にUPしておくので、要チェックです。 Compromise、Try、Dreamは、ASCAP(米国著作権管理団体)HPで、“Clay AIken”で検索できます。この3曲は、他のCDに入っていないので、新アルバム用の新曲ではないかと推測できるのです。中でもCompromiseは、作曲者の一人Matt Bronleeweが、「クレイが“ポップ・クラシック”の新アルバム用にレコーディングするようだ」と書いているので、間違いないでしょう。 TakenはNews(6/9)のとおり、ソングライターKyle Jacobsが彼の曲Takenをクレイがレコーディングした、と書いていることによります。



これら新曲の他にも、カバー曲が入るようなので楽しみですね!

caiken9.jpg




ところで、昨日のAI5再放送。クレイの名が何度も登場しました。あの偽クレイ=マイケル・サンデキの他、ティラー・ヒックスがマジック・キャッスル(アカデミー・オブ・マジックアーツのクラブハウス)で、魔法の呪文として「クレイ・エイケン」と唱えたり、サイモンが候補者パトリック(この人、トップ24に残りましたよね)に「クレイほどアクは強くないな」と言っていたり…。やっぱり、AIと言えばクレイなのねー。



マイケルと言えば、彼はゲイであることを公に認めたそうです。ていうか、インタビュアーはそもそも何でそんなこと訊くの?

やっと届いたクレイの本

2006.06.23(08:28)
クレイの本Learning to SingがAmazonからやっと届きました。

180px-Clay_s_bio_bookcover.jpg



早く読みたい!



けど、Biographyが全部消えてしまうというアクシデントに見舞われたので、その復旧に追われてまだ読んでません。読み次第、その情報はサイトにUPしていきますね。



ペラペラとめくってみると、最初のページに「最初に僕に歌いかけてくれた母に捧ぐ」とあって、なんだかジーンとします。



さらに読み進めると、「母は毎晩『ケ・セラ・セラ』と歌ってくれた。」とあります。クレイの子守唄は「ケ・セラ・セラ」だったのね!お母さんが歌うのを聴いたことはありませんが、クレイのお母さんだから、きっと音痴ではないでしょう。



そしてさらに進むと、お母さんの書いたページがあります。「私が悲しい音楽を聴いて泣いてしまったら、Claytonが『僕がもっとハッピーな歌を歌ってあげる』と言って歌ってくれた」という内容です。あぁ、なんてうらやましいんでしょう!私もちょっと落ち込んだ時やイライラする時にクレイのCDをかけると落ち着きますが、お母さんはそれをライブで聴けるなんて!!それにしても、優しいクレイ…



ペラペラめくっているうちに、読んでしまいそうです。英語の嫌いな方も、クレイ本なら読めるのでは?英語も簡単そうですよ!



真ん中に写真集が入ってるので、それだけでも買う価値ありです。

クレイの座り方

2006.06.21(07:01)
すでにお気づきの方も多いと思いますが、クレイは座り方にくせがあるようです。

私は過去のインタビュー映像をほとんど見ましたが、8割くらいはこの座り方をしています。

その座り方とは…

1,最初にソファについたほうの足を曲げる
2,その足の上にもう片方の足をのせる (写真参照)

私もマネをしてみましたが、普通に座ったほうが楽な気がしました(^^;)

クレイは足が長い(身長約185cm)から、足が邪魔で折りたくなるのかしら。

でもクレイだけかと思ってたら、ライアン・シークレストの“OnAir”という番組のインタビューで、この座り方をするクレイの横で、ライアンもこの座り方をしていました。アメリカ人の間ではポピュラーなの?

まぁ細かいことですが。

8567.jpg

ようやくクレイが

2006.06.16(20:29)
やっとクレイが動いてくれました。

__tn_clayNHL.jpg


Newsにも書きましたが、クレイが再び公の場に姿を現しました。



NHL観戦ということですが、クレイはもちろんノースカロライナ州を本拠地とするカロライナ・ハリケーンズの応援に行ったのでしょう。



対戦相手はエドモントン・オイラーズというカナダのアルバータ州都エドモントンを本拠地とするチームです。



さて、結果は?



残念ながら4-3でハリケーンズが負けてしまいました。クレイも悔しがったに違いありません。



一緒に観に行ったのは、YMCA時代からのお友達、Kristy Barnes。



ところで、クレイが着ているセーターですが、クレイは2005年5月5日のTV出演の際にもこの服を着ています。



“アメリカン・アイドル”審査員ポーラ・アブドゥルが出場者と関係を持ったというスキャンダルに対し、「信じがたい」と語った時のものです。



私服だったのね…



セレブなのに去年と同じ服を着ているクレイって、クレイらしくていいですよね。

クレイの味覚

2006.06.12(07:03)
クレイの一番最近のブログは5月17日に書かれている。内容は、“メキシカンフードがまずい”というものだ。スパイシーすぎるし、ゴチャゴチャ入りすぎだし、ねっとりしすぎだし、水気がなさすぎるそうだ。

そもそもクレイの好物はマク●ナルドのマック&チーズとバーベキューフードだという。いかにもアメリカの兄(あん)ちゃんらしい。今どきのセレブや都会人っぽいヘルシー志向はないようだ。 それは、クレイの出身地とも関係するのかもしれない。クレイの出身地はノースカロライナ州ローリー。アメリカの南東部に位置する。

以前のインタビューを見ても、ツアーなどの時に苦労するのは食べ物だとぼやいていた。「マックも味が違うんだよ」と。

そんなクレイは将来日本に来てくれたとしても、きっと日本食は口に合わないだろう。寿司なんてもってのほかかもしれない。

あーでも来てほしいなぁ…

__tn_16127__clay_l.jpg

ニューアルバム

2006.06.11(20:33)
クレイファン(Claymate)の間では、新しい髪型の話が一通り終わった今、話題はニューアルバムの話で持ちきりのようである。



気になった噂を2つ。(Newsに書くまでもないものを。)



1、ニューアルバムのリリースは、秋と言われているが、実は7月か8月らしい。



2、ニューアルバムには、音楽業界を揺るがすようなスゴイ秘密が隠されているらしい。



どちらも、かなり希望的観測が含まれているように思うが、本当だったらいいなと、気にはなる。



特に、2の「音楽業界を揺るがすようなスゴイ秘密」という話。



まさかクレイがヘビメタに転向するとか?(んなわけない)



1枚のCDに100曲ぐらい入ってるとか?(まさかね)



私の乏しい想像力では、全くもってわからない。



でも、“アメリカン・アイドル”であれだけ劇的なことをしてくれたクレイだから、と期待せずにはいられない。



どちらにしても、あー待ち遠しい!!

__tn_june3sophalbum_newhair.jpg

クレイは氷川きよし?

2006.06.10(10:07)
どこかのサイトで「クレイはアメリカの氷川きよし」と紹介していた。

その時は「え?どこが?」と思ったが、よく考えるとたしかに共通点は多い。

たとえば、

1、歌がうまくてルックスもよい(少なくともそう思われている)

2、ファン層が広い―特におばさま方からの支持が絶大

3、性格が見るからによさそう&母親思い

4、ゲイの噂が絶えない

5、懐メロのカバーが上手い

などなど。あと、すらりとしたスタイルもそうかな。

いやー、そうか。私はアメリカの氷川きよしが好きなのかぁ…

ちょっと複雑。

COBA-4442.jpg

クレイの変身

2006.06.08(07:10)
クレイの変身について、ファンの間では「髪型だけじゃない!」という意見が多いようです。では一体何が変わったのか?あるファンによる面白い考察があったのでここで引用しようと思います。

(原文英語)「“アメリカン・アイドル”シーズン2の時は、クレイはカメラ目線で観客に訴えかけたが、今回は歌声で訴えかけ、目はカメラからそらしていた。審査員のサイモンから『マンネリ』と言われた表情もしなかったし、無理にダンスすることもなかった。クレイは自信にあふれていたのである。歌い終わった時も、小さく頭を下げただけだ。まるで『拍手喝采はありがたいが、ペコペコお辞儀はしない。』と言うように。歩き方は王子のようだったし、後ろ手にステージへ降りてきた時も王家のような気品を感じた。人々を驚かしたのは髪型だけではない。言葉にはしにくいが、全世界に『ここに我あり』と宣言するような、神々しい物腰そのものなのだ。」

ちょっと大げさではあるけれども、私はその通りだと思います。

過去のクレイのビデオを観ると、本当に全く別人のようなのです。

何が彼をそうさせたのか?あのスキャンダルによる経験なのか?

そうだとしたら、見事な復活と拍手を送りたいのと同時に、そこまで成長させるほどにつらい経験があったのかと、痛々しい気持ちもするのです。

__tn_cap3v2.jpg

おじぎ

2006.06.07(06:58)
クレイはアメリカ人のくせに(?)よくおじぎをする。

この間のAI5ファイナルでも最後にぺこりと頭を下げてたし、

AI2のビデオを観ても、審査員のコメント(おほめの言葉)の後によく頭を下げている。

それはクレイが礼儀正しいから?

謙虚だから?

素敵なことだと思う私です。

__tn_Deby17.jpg

| ホームへ |
プロフィール

newclayadorer(NCA)

Author:newclayadorer(NCA)
The New Clay Aiken―クレイ・エイケン非公式ファンサイト―とBlog両管理人。
ブログでは、サイトで取り上げなかった話題を中心に取り上げます。
女性、クレイと同い年。夫はマイケル・サンダキのモノマネが得意(?)
8月にクレイのツアーに行ってきました!3月にはSpamalotに行ってきます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。