スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アリガト!!!!

2008.03.16(16:37)
ご報告が遅くなってすみません&たくさんのコメントありがとうございました。
お返事はできませんでしたが、皆で読んでました!

さて、初日(3/11)のラッキーのその後。

2日目(3/12)はショーの後で急いでstagedoorに向かったのですが、
公演終了前から待っているファンがいて、3列目になってしまいました。
だからもちろん言葉をかけることも目を合わせてもらうこともできず。
次の日に希望をかけたのですが。

3,4日目は雨と取材でクレイは出てきませんでした(泣)

最終日の5日目(3/15)の今日は、
お昼がマチネ公演で夜は出待ちという完璧なスケジューリング。

マチネ公演はちゅんたさんも一緒に前から2列目のど真ん中
ショーの間にクレイと何度も目が合って(ホントですよ!)
どきどきどきどきしちゃいました。
全部で3回、公演を観たのですが。
観るたびに面白くて、新しい発見があって、
クレイがすごくキュートで、何度観ても飽きない!
また観たい!!
今度内容の感想などは詳しくレポしますね。

さて、今日はToni7babeさんやScarlettさんなど、何だかやたらにClaymateが多くて。
(お二人とも夏の私たちを覚えてくれていました。)
公演の後の出待ちは何とか3列目に滑り込み。
やっとやっとパンフレットにサインをゲットしました。
でも、それだけ。
それじゃあ寂しいよぉ!
夜に最後の期待を持って。

寒空の下、一時間前から出待ちです。
でもその甲斐あって1列目の特等席をゲット。
今日の目標は「クレイに触れること!」
そのために、小さなiPodにサインしてもらうことにしました。
例のClay人形を抱いて、iPodを握りしめて待っていたら。
Jeromeがその人形を見て「ナイスだね」という顔をして、
「アリガト」と言ってくれました!!
お!すごく良い予感がするぞ。
この分ならクレイも…?!!

さて、いよいよクレイ登場!!!!

P1010978.jpg


今日は緑のセーターに柄シャツ、ジーンズのクレイ。
上機嫌のようです。

どきどきしながら待っていると、後ろの人のPlaybillと受け取って返すために、
私の頭にクレイの手が当たる当たる!!
何か
良い子だねーよしよし
とされてる気分(どうせ妄想です)でポーっとなってたら、
I'm sorry! ...」
とクレイがまた目を見て言ってくれました!!
ただでさえポーっとなってた私は
「It's OK.」
とか何とか返したと思うけど、よく覚えてません。

P1010980blog.jpg

(下から見たクレイです)

で。
今日はsidneyさんがkaoruさんの画集を持っていたのですが。
それを見たときのクレイの顔です。

P1010983.jpg


Jeromeも笑いをこらえてる顔してるでしょ?(笑)

この後、sidneyさんが「ありがとー!」って言ったら、
アリガト!
って日本語で言ってくれたんですよ!!!!!!
きゃー!!!!

この一連の様子はパンプキンさんがビデオに撮ってくれたので、
後ほどアップされるのを待ちましょう!
乞うご期待!

では、長くなったので今日はこのへんにしといて。
名残惜しいですが明日日本に帰りまーす。
それまでまた!
スポンサーサイト

クレイとしゃべった!!!!!!!!

2008.03.12(13:47)
大変永らくご無沙汰しました。

旅行、引越し、また旅行とPCに触る暇がなかったのですが。

今NYでSatoruさんのPCを借りて更新しています。

だってどうしてもご報告したかったから。

うっふふふふふふふふふふふふふふふふ

夢が叶いました!!!!!!

クレイとしゃべりました!!!!!!

これを見てください!!

IMG_1626.jpg


実はこれ、お別れ会で皆さんにいただいたクレイ人形なんです。

私たちは、今日NYに着いたその足でShubert Theatreに向かい、Stagedoorで出待ち。

出てきたクレイに、変な顔されながらサインしてもらいました!!

そのとき、

「We came from Japan...just to see you!」

って言ったんです。

そしたら、最後の「just to see you」で

Oh, thank you!

って目を見て言ってくれました!!!!!!!!

うれしー!!うれしーーよーーーー!!!!!!!!!

夏のバスラインよりずっと近くて長くクレイが見られます。

まだ迷ってる皆さん、絶対行くべきですよ!

またご報告します!

クレイに会おう!!

2008.02.10(11:55)
まっちるさんがクレイと話したそうですね!

DSC_2408.jpg

(ほらほら、まっちるさんとCTNさんが写ってる!)

おめでとうございます!!

日本人2番目の快挙!!やったー!!

私達も出待ちしよーっと!!絶対!!

あ、お知らせが。
まっちるさんのことなどを聞いて今から行きたくなったあなた!!
チケット余ってます!!

3/15(土) 2:00 PM~
2列目のど真ん中です!!

興味ある方、ご連絡お待ちしてまーす!!

IMG_9696_filtered.jpg

(間近でクレイに会えるかもですよ!!)

AP翻訳

2008.01.27(18:25)
大変ご無沙汰しました。

Spamalotも無事始まり、色々言いたいこともあったのですが。

一度筆を止めると、ますます書けなくなり。

時間的にも、PCの前にゆっくり座る時間も取れない(取らない?)日々が続いています。

Spamalotも自分が観に行くまでは、何となく人の感想は聞きたくないような気分もして。

相変わらず淡々とクレイの動向だけ追っている毎日です。

でも、たまりにたまった翻訳はさすがにしないと、と思いまして。

まずはクレイが素敵すぎるAP通信のインタビュービデオから。

(ビデオはこちら。)

(クリックで拡大します。)
20080110-003-AP.jpg


まずは、AIについて語るクレイから。

「今はあんなに待たなくても済むんだと思うよ。こんなこと言うと僕の両親みたいだけど、学校に行くのだって丘の上を往復でも5マイル歩けばすむのにさ。2002年にオーディションを受けたときは、オーディションを受けるために皆アトランタの路上で2日間待ち続けて、僕も野宿した。今はもうそんな必要はないんじゃないかな。覚えてるのはアトランタのSprings Streetにいる誰もが歌っていたことだね。全員だよ。ビルが振動で揺れていたぐらいさ。僕は頼まれても歌わなかった。皆知らない人に「君は何歌うの?」とか「やあ!僕は…」とかって歌い合ってたけど、僕は最初から手の内を全部見せるなんて嫌だったんだ。だから歌わなかった。後でわかって面白いと思ったんだけど、最後まで残った人たちは皆そうだったんだ。他の皆に歌って聴かせたりはしなかったそうだ。本当は歌が上手くない人に限って、皆に聴かせたがるんだよ(笑)。あまりに音程が外れてる人が歌いに来て「ふぅ、彼には勝てそうだ」って思えて、気分は良かったけどね(笑)。」

クレイってば、結構イジワル

でも、わかりますよね、この気持ち。

学生のとき、テストの日に、たとえ自信があっても
「私、全然勉強してなーい!」
って言ったのと同じ気持ち。(かな?)

AI観てても、「私は歌手になるために生まれてきたの」
みたいな人に限って落ちますよね(笑)。

20080110-001-AP6.jpg


さて、では次はSpamalotの話。

一年前ぐらいに最初に話が来て、話し合いの後にSpamalotを観てみて、僕の意見では史上最高におバカな作品だと思ったね(笑)。その頃は忙しい時で、時間をかけて考えなければならないこともいくつかあって、しばらく棚上げされてたんだ。で、2007年の夏ごろにまた「考えてもらえましたか?」って言われて、もう一度観てみたんだよね。それであんなに面白い作品は今まで見たことがないと思ったんだ。従来のBroadway作品とは全然違うし、皆がClay Aikenが出るタイプって言って予想するミュージカルって、最後に見せ場の歌があって皆が涙したり、笑ったり泣いたりうれしくなったり気分が高揚したり歌があったりするものだろ。Spamalotにだってそういう歌はあるけど、全然無関係な感じで使ってるんだ。覚えておいたほうがいいよ、Spamalotは宣伝だったくだらなすぎるんだ。本当におばかなんだ。言葉じゃ表せないけど、ナンセンンスで、笑える。このミュージカルの良いところは、普通のBroadwayミュージカルとは客層が全然違うから、今までのどのミュージカルより多くの男性に、Broadwayに足を運ばせることだろうね。

いやー、クレイのおかげで観客層も変わって、かなりの女性が観に行くと思いますけどね!

受けたクレイもすごいけど、最初にクレイに話を振ったSpamalotスタッフのセンスもすごいなぁと思う今日この頃です。

20080110-005-AP5.jpg


さて、この後もどんどん行きます!

Sir Robinクレイ!!!!

2008.01.17(08:24)
Ret_SpamalotClay173.jpg


わーい!!!

初出しSir Robinクレイですよー!!!!

かっこいーーーー!!!!

(とりあえず興奮状態でこれだけ。すみません。)

AI2 Rewind-Group2

2008.01.16(20:18)
大変ご無沙汰しました。

なんだか怒涛の忙しさ。

仕事も忙しいし、愛知行く前に色々な友達にも会っておきたいし、2月にバンドのライブもあるし、3月の旅行の準備もあるし(Spamalotのほうはすっかりお任せしてますが、もう一つのほう。ちなみに、オーストラリアじゃなくて、モン・サン・ミッシェルとアテネに行くことにしました。)、引越しの準備もぼちぼち始めたりして。

ま、言い訳なんですけどね(笑)。

「ブログがないと寂しい」なんておだれられてすぐ木に登っちゃうブタさんの私。

ということで、やっとこさ先週土曜のAI2RewindのGroup2を観たので、クレイの言ってるところを翻訳しておきますね。

Open Armsを素晴らしく歌い終わって。

030211_G2_OA_02.jpg


講評のところの、ポーラとクレイがデート!?のところは、カットされちゃってますね。(翻訳List参照)
あそこ、好きなんだけどな。

で、今クレイのインタビュー。
「僕はOpen Armsを歌って良い曲を選んだと思っていたけど、こんな僅差の競争状態で自信なんか持てるはずがなかった。ランディは最初の7回ぐらい僕が歌うたびに「君はそんなにパワフルに歌えそうに見えないのに」って言ってた。それで僕は気づいたんだ。番組での僕のレッテルは「変なルックスだけど歌える子」になるかなって。」

clayshtick.jpg


外人がよくやるこのポーズ。
これは「“”」を手で表してる、と考えるとわかりやすいですよね。

で。

8人が歌ってトップ2が残るのですが、ご存知のとおりクレイはトップ2にはなれませんでした。

私は「なんでなんで!?なんでクレイが落ちるなんてあり得るの??!!」と思ってたけど、こうして全員聴くと、たしかに甲乙つけがたいかも。

いや、好きな声はもちろんクレイだけど。
冷静に聴くと、上手さの差なんて私にはわかりません。

さて、今クレイ。
「キンバリー・ロックは歌を聴いてこんな顔(あっけにとられた顔)にならないほうが難しいくらい上手い。ルーベンが勝ったことは誰も驚かないだろう。愛嬌があって皆ルーベンのほっぺをつねりたくなるだろ?歌は素晴らしいし。」

claytalkingaboutkim.jpg


(あ、矢印入っちゃった。まぁいいか。)

うん、たしかにルーベンのほっぺはつねりたくなります(笑)。

でもルーベンをほめるクレイに対して、「かわいい」はずのルーベン、実はこんなこと考えてました。

rubentalkingaboutclay.jpg


「よし!(強敵の)クレイが落ちたぞ」

おい!!!!
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

newclayadorer(NCA)

Author:newclayadorer(NCA)
The New Clay Aiken―クレイ・エイケン非公式ファンサイト―とBlog両管理人。
ブログでは、サイトで取り上げなかった話題を中心に取り上げます。
女性、クレイと同い年。夫はマイケル・サンダキのモノマネが得意(?)
8月にクレイのツアーに行ってきました!3月にはSpamalotに行ってきます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。